パピヨンステイ(台湾)の・口コミ・料金・予約・部屋・アクセスは?

どうも、タカハシです

台北中心から少し外れた場所にある士林。

士林夜市は台湾で一番大きな夜市として

知られる観光名所です。

今回ご紹介するのは、そんな士林夜市から

徒歩10分圏内にあるゲストハウス

パピヨンステイです!日本語が通じるという

こちらのゲストハウス。どんな宿でしょうか。

台湾ゲストハウス パピヨンステイとは?

パピヨンステイは、台湾人女性がオーナーの

ゲストハウスですが、流暢な日本語を

話されるとのことで、安心して宿泊する

ことが可能です。

ロケーションは観光名所の士林夜市から

ほど近く、またMRT士林駅からも徒歩5分。

賑わっている朝市が近く、故宮博物館までの

バスも駅前より走っているとのことで

立地の良さで人気を得ています。

また、便利なロケーションながら

宿の館内は落ち着いた雰囲気で、

リラックスすることができます。

客室や浴室は掃除が行き届いており、

清潔そのもの。女性利用者が70%以上を

占めるとのことで、女性一人旅でも

安心して宿泊することができます。

パピヨンステイ@台湾の客室・設備は?

パピヨンステイの客室は個室タイプと

ドミトリータイプがありますが、

多くは個室タイプで、ドミトリーは

男女別となっています。

客室

  • シングルルーム
  • ダブルルーム
  • ツインルーム
  • トリプルルーム
  • ドミトリー(男女別)
  • 長期利用個室

主な設備とサービス

  • パブリックスペース
  • パソコン
  • Wifi
  • セキュリティボックス
  • ドライヤー
  • シャンプー、リンス、ボディソープ
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • 湯沸しポット
  • 電気プレート
  • 洗濯機
  • 洗剤
  • ランドリーグッズ
  • 室内用スリッパ

パピヨンステイ@台湾の場所は?周辺施設・観光は?

MRT士林駅から徒歩5分、士林夜市までは

徒歩10分ほどと、観光に便利な立地です。

駅前からは故宮博物院行きのバスも

利用可能とのことです。

中心からは外れますが、不便さは

感じさせない交通の便の良さが魅力ですね。

あまり中心すぎるとそれはそれで

騒がしくなってしまいますし。

住所

111 台湾 Taipei City, Shilin District, Meide Street, 82號

電話番号・Fax・Email

電話番号 +886-979-639-241

Email papillonstay@yahoo.co.jp

周辺の観光施設など

  • 士林夜市 5km 圏内
  • 国立故宮博物館 5km 圏内
  • 迪化街 10km 圏内
  • 龍山寺 10km 圏内
  • 台北101 15km 圏内

パピヨンステイ@台湾の宿泊の値段は?

  • シングルルーム 800元
  • ダブルルーム 1100元(2名利用)950元(1名利用)
  • ツインルーム 1300元(2名利用)
  • トリプルルーム 1800元(3名1室)
  • ドミトリー(男女別)
    • 1名1泊 500元
    • 1泊予約 600元
    • 長期1ヶ月 9500元
  • 長期利用個室 14000元(2名利用)17000元(1名利用)

パピヨンステイ@台湾の予約方法は?

公式ホームページの予約フォームより予約可能です。

パピヨンステイ@台湾の口コミは?

  • 一人旅に利用しました。オーナーは台湾人ですが、流暢な日本語で話されます。予約メールも日本語可能なので便利でした!掃除が行き届いていて綺麗でした。
  • コストパフォーマンスがいいです。入口が分かりづらいかもしれませんが、玄関に日本語表示があるので大丈夫かと思います。
  • 士林駅が近く夜市も徒歩圏内にあり、立地は抜群にいいです!朝市が賑わっているところも近くでした。ぜひまた利用したいです。
  • 綺麗な安宿。部屋がとても清潔で、収納があったので良かったです。冷蔵庫、トイレは共同でしたが綺麗でした。
  • 士林は中心から少し外れた場所にありますが、値段が安く駅周辺にはコンビニがあり便利でした!

まとめ

台北の中心から外れているということで

目立たないかもしれませんが、

駅近・観光名所にも簡単にアクセスできて

コストパフォーマンスがいいとなると

注目せざるを得ません。

朝市・夜市が賑わっているので、

ローカルな雰囲気を味わいたい人に

うってつけのゲストハウスですね。

清潔で女子旅向きなのも高ポイントです。

駅の近くにはコンビニや飲食店もあるため、

中心地から多少外れていても不便さを

感じさせません。

台湾での旅を満喫した後は

落ち着いた雰囲気のパピヨンハウスで

ゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする